若さを保つ秘訣‼

ジムに通い始めるなら最初はパーソナルトレーニング!?

Training Column

 食事・栄養
2021-09-03 14:32:56

若さを保つ秘訣‼

皆様いつも読んでいただきありがとうございます!

川崎市武蔵小杉の完全個室パーソナルジム

D-HEARTS武蔵小杉店 店長の江上です。

若さを保ちたくない人なんていないですよね。時間は誰にでも平等にあって必ず歳を取ってトレーニングや何か運動をしていなければ筋肉は低下し背骨は曲がって、肌もシミが増え弾力はなくなるなど老化してきます。

いつもでも好きな趣味を続けたり、ハリのある肌など若々しさを保つには毎日の食事や運動に積み重ねが大切です。

今回は「若々しさを保つ秘訣‼」についてお話し致します。

若さを保つ秘訣‼

1.老化の原因

老化を促進するものとして代表的なものが「糖化」「酸化」です。糖化反応とはブドウ糖や果糖の分子の一部が酵素の働きなしでタンパク質や脂質などと結びつくことで起こる化学反応で別名メイラード反応とも言われます。このタンパク質などは糖化最終生成物(AGE)を作り出し様々な悪影響を及ぼします。

糖化には生体外糖化反応と生体内糖化反応があり、生体外糖化とは砂糖や砂糖を含む物をパンに乗せて加熱した際の茶色く焦げたような状態のもので生体内糖化反応とは必要以上に摂取した糖(特に果糖や乳糖の構成成分)により体内で糖化されます。このように糖化した食品:ケーキ・ドーナッツ・パンなどや日頃から糖類を含む食品を沢山摂取することは肌のシミやシワの増加・髪のツヤやハリの低下・骨粗鬆症などの老化現象の主原因となります。さらに糖化は動脈硬化・がん・心臓病・糖尿病リスクも高めるとされているので特に注意が必要です。

糖化と共に気を付けたいのが酸化です。酸化とは何らかの分子に酸素が結合する反応のことです。私たち人間は12万回以上の呼吸によって体内に酸素を取り込み、食事によって栄養素をエネルギーに変える際に酸素を使います。呼吸に取り込んだ酸素の一部やエネルギー変換時の副産物は反応性の高い活性酸素に変換します。この活性酸素は本来体を守る働きがありますが過剰になると細胞を傷つけて様々な疾患に繋がります。

酸化は例えると錆のような反応で肌のはりや弾力が低下しカサカサになるなど老化を促進します。活性酸素の原因としては紫外線・放射線・タバコ・大気汚染・長時間の有酸素運動などがあり、切って時間を置いて色が変わったリンゴのように酸化した食べ物も控えるべきです。

2.老化予防法

ここまでお話してきましたようにまずは砂糖や果糖ブドウ糖液糖などの糖類を多く含む食品や糖化した食べ物を控え、長時間外に出る際の日傘や日焼け止めによる紫外線予防・禁煙など酸化の原因を少なくすることが大切です。

原因を排除していくのと共に必要となるのが老化や活性酸素の悪影響から体を守る栄養素の摂取です。この活性酸素から体を守ってくれるのが抗酸化作用です。抗酸化作用はビタミンA/C/D/Eなどに多く含まれ中でもビタミンDの抗酸化作用は強力です。ビタミンDはキノコ類やあん肝・イワシ・シラスなどに多く含まれます。またその他の栄養素としてファイトケミカルがあります。ファイトケミカルとは植物が紫外線や害虫から身を守るためにもつ成分のことで、トマトやピンクグレープフルーツに多いリコペンは紫外線から生成される活性酸素である一重項酸素に対して最も強い働きを持ち、鮭やイクラに多いアスタキサンチンはビタミン類と比較しても強い抗酸化作用があります。このように魚や野菜・キノコ類・果物には沢山の栄養素が豊富で健康や老化予防・ダイエットなどとても良い影響を与えてくれるので積極的に摂取していきましょう。

3.まとめ

肌や姿勢・筋力など目に見えて老化が進んでいるということは体の中の状態も老化が進んでいるので食べ物にこだわって体の中から若々しく健康になっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

パーソナルジムD-HEARTS武蔵小杉店では完全個室の安心安全の空間にて、無料で体験レッスンを実施しております。

パーソナルトレーニングではトレーニングの知識だけでなく健康で若々しい体を保つために一生使える知識などもお伝えしています!

共感や興味を持っていただいた方はぜひこちらからお問い合わせください